__林澤琰Shun

我愛她是違背常理,是妨礙前程,是破滅希望,是注定要嚐盡一切沮喪和失望的。可是,一旦愛上了她,我再也不能不愛她。

幸福到哭泣!!!!!!!!2017年了……

空空實驗室:

2017年是「踊る大捜査線20周年」,於我而言,僅是剛剛開始的第一年。

 

流星劃過的悸動,來自青島與室井。

 

先說一說,個人對織田桑的初始印象來自《IQ246~華麗なる事件簿~》(2016)智商高達246的天才法門寺沙羅驅──凌厲的眼神,黝黑的皮膚,加上象徵性的口頭禪「あー、醜い醜い醜い……この犯罪、醜悪至極なり!」對於這位在日劇中偶爾可以聽見的名字卻不知其相貌的名人,從此留下深刻記憶。再說說柳葉桑的部分,應該是來自SP《そして誰もいなくなった》(2017)一頭灰白短髮,風格冷硬精悍的軍事評論家/元傭兵,由於個人觀劇重點都放在發胖的仲間桑身上而忽視了柳葉桑的表現,但是他的幾個眼神,看著讓人感覺親切熟悉。

 

話題回到青島與室井,很明顯地,我就是錯過了《踊る大搜查線》當年熱播時期的那個,也是可以一口氣回顧全部大搜查線系列的那個,不需要像等待《SHERLOCK》BBC那樣一年熬著一年又一年,然而卻也如夏洛克口中那句話「The grit on the lens, the fly in the ointment.」一樣可惜,當年充足的糧啊,無論青室或者室青,錯過就是錯過了(特別想收藏「梧ぴかそ/鈴木ツタ」的作品)。期盼有朝一日,大搜系列真能像中居桑說的那樣(海猿!?)宣布FINAL之後再回歸就好了,就算他們已經變得跟和久桑、吉田桑一樣也無所謂了。

 

以下個人觀點。進一步談論青島與室井的關係之前,有必要先提及織田桑跟柳葉桑戲外的互動,撇開那些奇奇怪怪的傳聞,以《踊る大捜査線THE LAST TALK》中坦誠的事實為準(感謝資源君:oubeichen、翻譯君:牛角面包糖),何以室井總是鼓著一張怒臉怨懟青島,甚至打算殉職!?我總算弄明白了,其中真的有演員個人的憤恨成分。訪談中,柳葉桑俏皮但真心地反過來感謝織田桑當年的一句批評成就了現在的室井。實際上,日本人相當看重輩分關係,尤其歲數跟階級,不論是柳葉桑之於織田桑,或是室井之於青島,戲裡戲外必然存在一種距離感,而織田桑的話語加深了其中的隔閡(儘管他忘記自己是否說過,柳葉桑也未曾在拍攝期間向本人確認過),也許就是因為兩人的這種緊張感,才成全了青島與室井的特殊關係。

 

(其實個人看著大搜各種宣傳畫面,覺得這種緊張感常常表現在織田桑身上,像是青島面對室井時那樣,和柳葉桑有著微妙的若即若離之感。關於這個「距離感、緊張感」,下面還會再談到)

 

接著繼續,在《SMAPxSMAP 踊る大捜査線全員集合》SP節目中,柳葉桑對著青島刑事/織田桑真情告白:「ず~っとずっと、今の正義心と情熱を持ってずっと、『踊る』を応援してくださる皆さんのためにも、そして一緒に現場を過ごした湾岸署の人たちのためにも、そして室井のためにも、それをしっかりと貫き通して、みんなの夢と希望をかなえる…人生を送っていってほしいなと。」──貫徹以往堅持的正義與熱情,回應大家的希望寄託,以此度過一生。柳葉桑口中的這一段話,正是室井從青島身上感受到的最深刻的觸動──「青島の素直な/無骨な正義感というか、それにかなり刺激された頃」以及「青島率いる現場の生の感覚を実感出来かけた頃」那種人格/氛圍的體悟,室井同樣堅持著實現他與青島的約定。

 

柳葉桑進一步談到:

 

「青島は素直に自分の感情を表現する一方、室井はそれが成立できるように手を貸す──想いは一緒なんですよ。テレビシリーズの後半ぐらいからふたりの間に絆が生まれて、気持ちがひとつになって、それぞれの立場で目標に向かっていくというのがテーマになっています。なので、それが崩れないかぎりふたりの関係は永遠じゃないかなと。ファイナルという位置づけではありますけど、青島と室井の関係はやっとスタートラインに立った気がするんです。」──ORICON STYLE 連載第8回‧柳葉敏郎INTERVIEW

 

「室井は青島との約束があるから、正しい事が出来る環境を作ってくれって、それが叶うのか、潰されるか、両極端ですから。それでも室井と青島の男としての人間関係はどういう風に転んでも崩れることは無いと思う。【インタビュー/2012】」──柳葉敏郎bot Twitter@T_Yanagiba_bot

 

當然,更深一層意味上,考慮到青島帶給室井的各種衝擊/啟發,根據柳葉桑在電影腳本公式書《シナリオ・ガイドブック》中提及的部分:「室井は男女関係なく、自分の知らなかったことを気付かせてくれる部分を素直に受け止めて消化していく。その意味では、もしかしたら青島に恋をしている部分があるのかもしれない」──能成為密友大概總帶著愛,但做對好兄弟又如此相愛,旁人會說不該,忘形時搭膊自有一面退開,暗裡很享受卻怕講出來,兩眼即使移開轉開,心裡面也知這是愛──歌詞來自《勞斯萊斯》,腦中突然跑出了這一段旋律。試想一下,這位集冷酷與寡言於一身的孤獨男子,遇上太陽一般生氣蓬勃明朗的存在,又怎能不起化學反應?面對青島,室井也許有一點戀愛的感覺吧!

 

(我不會告訴你,印象中每次室井看到青島他都會先挑一下眉,而這個動作,來自網上的科普──《怎樣測試男生暗戀你?》男生對喜歡的人的表現之一:「他會對你動一下眉毛。挑眉時會拉大雙眼,使得更多的光線在眼睛表面折射,這使得它們看起來更亮,更大,更引人注目。動動眉毛的動作很容易被忽略,但卻很可靠。如果你發現他挑眉毛,那你就能推斷出他對你是有好感的,但可能他自己還沒意識到這點。」來源:kknews.cc/zh-tw/emotion/4amlj3.html)

 

話題回到青島與室井之間的距離感,以下對話摘錄自:《踊る大捜査線 THE LAST TV》特典映像「プレミアムトーク織田裕二×柳葉敏郎」(文字來源:mikumame.jugem.jp/odoru1997.blog.fc2.com)

 

柳葉:「そんな思いで、あの距離感を俺は保つしかなかったんだけどね」

織田:「でも男同士って、ベタベタしてないんだけど、どっかで信頼してるっていう」

柳葉:「意外とさ、青島と室井の関係みたいな、その男同士のつながりっていうのを、なんか敬遠されがちな」

織田:「照れるんですかね」

柳葉:「なっ」

織田:「僕はなんか、それは素晴らしいと思うんですけど」

柳葉:「俺もそう思うんだよ、それを堂々と青島と室井は成立させているように気がするんだよね」

 

保持距離,在織田桑眼裡可以理解為,男人之間不需要整天黏在一起,況且彼此都有了信任。而柳葉桑則有點意外,就青島與室井之間的同性關係,兩人竟有些敬而遠之了。那是因為感到害羞對吧,織田桑說著,柳葉桑附和著,這樣的關係難道不是很棒嗎?是啊是啊,青島與室井,建立在堂堂正正的關係上。(一言以蔽之:「君子交,淡若水。」不責任翻譯,盼賜教指正)

 

相較於織田桑,柳葉桑確實談論了比較多關於青島與室井的觀點。以下是織田桑的訪談,關於他自己在面對柳葉桑/室井先生的時候,所產生的微妙的緊張感。

 

「柳葉さんが来られる日はスタッフの緊張感が違うんですよ。今は柳葉さんと言いましたけど、それは室井さんの日だからなんです。室井さんがそこにいる。『正しくないことをやったら斬るぞ』みたいな緊張感を『おはようございます』の瞬間から持っていらっしゃる感じで。」──織田裕二×柳葉敏郎 単独インタビュー(取材・文:永野寿彦)

 

「柳葉さんが現場でいきなり監督に『ここが気になる』という話をする。すると現場に緊張感が走る。いい意味での緊張感。僕自身も青島側だけで考えていたら気付かなかったことに気付かされる。スタッフも想定していたものとは違う準備をしなければならない。それに瞬時に反応する。緊張感も含めて、本気でぶつかっているからこそ素晴らしいシーンが生まれると思っているんです。」──織田裕二×柳葉敏郎 単独インタビュー(取材・文:永野寿彦)

 

室井さんがそこにいるんです。相当我慢なさっていたと思うんですよ。本当は楽しい方ですからね。でもそういう部分は見せずに15年間室井さんでいてくださった。『正しくないことをやったら斬るぞ』くらいの緊張感を持っていてくださったおかげで、本気でぶつかり合うことができましたね。すごく感謝しています。」──シネマトゥデイ‧織田裕二&柳葉敏郎の対談が実現(2012.9.6)

 

多虧了室井先生帶來的這股緊張感,具有正面意味的緊張感,兩個人才會有如此精彩的交鋒,真的非常感謝,織田桑如此說道。而柳葉桑如此回應:「織田くんが青島という男をあそこまで情熱を持って演じてくれたおかげで、室井という男を引っ張ってもらえた。」──シネマトゥデイ‧織田裕二&柳葉敏郎の対談が実現(2012.9.6)

 

(個人覺得,這種距離感、緊張感除了正片中的表現外,更有看頭的是那些幕後花絮、NG片段、拍攝現場的畫面等等,兩個人介於角色與演員自身之間的情緒轉換,有一點害羞,有一點尷尬)

 

接著繼續《踊る大捜査線 THE LAST TALK》,織田桑在訪談中提到,關於室井的心意(現場方面):「そのマインドは分かってるから。その現場のマインドっていうのは、十分すぎるほど伝わってるから、こっちも信頼してるっていうか」──即使立場不同、職務不同,也無法親臨現場感受,然而室井先生的心意已經充分傳達,因為他們信賴著對方,另一方面,柳葉桑想參與灣岸署拍攝現場的心情,織田桑也相當清楚呢。話說,個人比較想知道室井在戀愛方面的心意(青島に恋をしている),到底有沒有傳達給青島?這才是重點不是嗎!?

 

柳葉桑在2012年「かだろ 柳葉敏郎‧朝日新聞」第53回中寫下一段話:「室井慎次は卒業しますが、いつかまた、役者織田裕二と、時をともに過ごすことを楽しみにしながら、最後にひと言……。『青島……ありがとう』(15年間、その思いはあっても言わなかったセリフです)」──文字來源:柳葉敏郎bot Twitter @T_Yanagiba_bot

 

雖然從室井慎次這個角色中畢業了,期待著有一天還能夠與演員織田裕二共度拍攝時光的同時,在此說上最後一句話……「青島……謝謝」(這是15年來,想說卻沒說出口的台詞)──感謝翻譯君:Kurumi/文字來源:bearshal.pixnet.net/blog

 

青島俊作有一名句,來自《踴る大搜査線 THE MOVIE》:「我跟上司有個約定,他姓室井,經常皺著眉頭,他會努力向上爬,而我要堅守前線。(室井さん偉くなってくれ、俺は現場で頑張る)」──15年過去,終於走到最後這一步,柳葉桑感慨地說:「やっとスタートラインに立ったんじゃないかって気がするんだよね、青島と室井がお互い約束を果たすためにも、なんでファイナルなんだろう?」是啊,就是說嘛!青島與室井才剛站在起跑線上,故事怎麼就結束了呢!? 

 

「青島と室井はこれからも生き続けて行くわけだから現場ではその空気をしっかり保って行かなきゃいけない。ただ作品としてはFINALなので織田裕二君、柳葉敏郎という人間個人がやっとこうして時間を一緒に出来るのかなって。【めざましテレビ/2012】」──柳葉敏郎bot Twitter @T_Yanagiba_bot

 

(看見柳葉桑跟織田桑相視而笑的畫面,不能更美好了!再次感謝諸位資源君、文字君、翻譯君等等無私共享,由衷感激!!)

 

最後,再次引用自《踴る大搜査線 THE MOVIE》,以和久桑的一段精神勉勵作為結束:「なあ靑島、おれと吉田副総監な、ダチなんだよ。向こうはキャリア、こっちはノンキャリだけど、俺がお前くらいのとき、俺のいた所轄で殺しがあってな、吉田が管理官できた。それからも何度か事件でいっしょになって…まあ俺達ぶつかってばっかりだったけど、ある時俺たちは約束した。俺は現場で頑張る、吉田は上行って偉くなれって、俺たち現場が正しいこと出来るためにさ。お前も室井さんとそう約束したんだろ?諦めるな、思いはきっと実現するから。これからどういう世の中になるかわからねぇけどよ、被害者のために頑張るんだぞ、お前の信念貫いて、人の希望になってやれ…なんてな」

 

(青島,我和副總督察相識多年,雖然他是高層,我是底層,像你這般年輕時,他來統領兇案調查,之後亦多次合作。雖然我們的衝突不少,但我們許下承諾,我在前線努力,他進軍高層,為我們爭取更合理的工作方式。你也跟室井有相同承諾吧!別放棄,一定會實現,雖然不知道世界要變成怎麼樣,要為了受害者而努力,貫徹自己的信念,別辜負市民對我們的寄望!!)

 

 

延伸閱讀:強力推薦!!

#跳跃大搜查线# 室青关系深度考(共5篇)

2012/10/26 かだろ 53回『青島…謝謝』@ LiFeどうでしょう

 參考文章:

踊る大捜査線 THE FINAL ORICON STYLE 連載 INTERVIEW

織田裕二×柳葉敏郎 単独インタビュー

織田裕二&柳葉敏郎の対談が実現!『踊る』15年間の歴史で初!言葉などいらない!

 

 

圖一:《踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル》(1998)

圖二:踊る大捜査線同人誌《白日》梧ぴかそ/鈴木ツタ(1999)

圖三-五:《踊る大捜査線THE LAST TALK》(2012.10.12)

圖六:《SMAPxSMAP 踊る大捜査線全員集合スペシャル》(2012.9.3)

圖七:踊る大捜査線 THE FINAL 舞台挨拶大阪‧TOHOシネマズ梅田(2012.9.9)/圖片來源:blog.odoru.com/odoru

圖八:《踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望》予告TVCM(2012)

圖九:《踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ》(2003)

圖十:Odoru Daisosasen EP12(NG Scenes)/THE MOVIE 花絮/THE MOVIE 3特集/フジテレビ開局50周年記念特番(2009)

评论
热度 ( 9 )
  1. __林澤琰Shun空空實驗室 转载了此图片
    幸福到哭泣!!!!!!!!2017年了……

© __林澤琰Shun | Powered by LOFTER